トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許とは > 特許権とは

特許権とは

特許権とはの画像

特許を申請すると、特許権が与えられます。特許権とは、「特許を受けた発明を業として排他的独占的に実施できる権利」のことで、特許庁に出願し、登録されて発生されます。特許を得た発明は、一定期間独占的に実施することが許されます。特許法に定められています。この法律によって、独占的権利の範囲が定められており、特許出願した日から20年間存続されます。例えば、「発明」とは、「特許権」の対象です。その発明とは、単なる思い付きではなく、実施可能なほどに具体化されていなければなりません。

特許権が認められれば、その発明を他人が勝手に真似することはできなくなりますし、勝手に特許発明を実施されれば、実施の差止めや損害賠償の請求をすることが可能になります。特許権が成立するためには、どんな要件が必要なのでしょうか。特許権の成立要件としては、新規性と進歩性があります。新規性とは世に知られていない新しいものであることで、進歩性とは従来技術から容易に考え出せないことです。要件をみたしていることを特許庁に判断してもらわなければ、成立しません。特許権成立の具体的な手順を説明しましょう。まずは、特許出願をする必要があります。

願書や明細書や要約書などの書類を用意して出願します。特許出願後3年以内に、特許庁に対して審査をお願いする手続を行うと、審査官が審査を開始します。特許出願だけでは特許権が成立せず、審査請求が必要なので注意が必要です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特許を取りたい時はどうするの?

何か発明をしたら、特許を取りたいと考えるでしょう。しかし、どうすれば特許を取れるのかわからずにいる人も多いでしょう。まず、大切なことは、自分で勝手に公にしても特許にならないことを知っておくことです。日本の場合、しかるべき措置を取らなければ、特許にならないのです。そのため、出願時が基準になります。特許法は発信主義を採用しています。そのため、郵便で送る時には受領証をもらっておくことが大切です。 現在では、膨大な数の特許が申請されていますが、登録されるのは少数です。次に、実際の手

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。