トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許の知識 > 特許で儲ける!

特許で儲ける!

特許で儲ける!の画像

特許を取得すると「お金持ちになれる」というイメージを持っている人が多いと思います。普通の主婦が特許を取得して何億円もの収入を得たという話がありますが、特許権を持てばお金持ちになれるのでしょうか?特許権は、発明を独占的に実施できる権利のことです。独占権なので、特許権者は自分だけが発明を実施することができるのです。その結果、一定期間、市場において発明を独占できるようになり、経済的利益を手にするわけです。と言っても、そう上手く行くとは限りません。市場を独占できたとしても、発明自体の需要が無ければ利益がありません。特許で儲けることができるかどうかは、その発明に需要があるかどうか次第です。「特許が取れる=素晴らしい発明=市場で受け入れられる」と考える人も多いですが、必ずしもそうではありません。

その一方で、特許はリーズナブルに独占を勝ち取る手段の一つでもあります。自由競争の中で市場の独占を勝ち取る為にはかなりのコストがかかりますが、特許権の独占はかなりの低コストで可能です。儲けるということではありませんが、コストを抑えることができるので、その先儲けるための橋渡しにはなるでしょう。つまり、特許はそれだけで儲けることができる「魔法の杖」のような存在ではありません。経営戦略において、強力な武器になりえる存在であるだけです。

特許で儲けることができるかどうかは、発明の市場における潜在的な需要が十分にあることが大切なのです。そして、需要を喚起するための適切な企業努力も不可欠なのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特許トラブルとは?

特許さえ取れば全て安泰だと思いがちですが、特許にまつわるトラブルが多いのも現実です。突然、あなたの会社に「特許を侵害している」という警告書が届くことがあるかもしれませんし、どこかの会社があなたの会社の発明を真似していると感じるようなことがあるかもしれません。ここでは、特許のトラブルに関して説明したいと思います。 特許のトラブルの発生時期は、出願前・権利化前・権利取得後・権利切れ後のどの段階でも発生する可能性があります。そして、特許権がない状態であってもトラブルが起こる可能性

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。