トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許の知識 > 特許を受けることができないケース

特許を受けることができないケース

特許を受けることができないケースの画像

せっかく特許審査の申請をしても、特許を受けることができないケースも多いです。特許審査にはお金がかかりますし、あらかじめ特許を受けられないケースについて知っておく必要があります。例えば、誰もが思いつきそうなアイディアは、すでに誰かが特許出願している可能性が高いです。特許出願の前には、しっかりと先行技術調査を行い、先に特許出願している人がいないかどうかを確認しておくことが大切です。

また、特許は特許法上の発明である必要があります。そのため、物理学上の法則自体や計算方法等であったり、データそのものやマニュアル類は発明ではありません。そして、新しい発明である必要があります。そのため、特許を出願する前に、守秘義務のない者に発明の内容を相談してしまったり、公開ネットの掲示板で発明の内容を相談したり、発明の試作品を企業に持ち込んで発明の内容を説明したり、試験的に販売を行ったりした場合には、特許が認められなくなるので注意が必要です。

そして、当然のことながら、出願書類の記載内容に不備がないようにすることが大切です。記載内容が十分に検討されていることはもちろん、データの整備や発明のポイントの記載が不十分であったり、発明の内容が不明確になっていたりるすと特許を受けることができません。特許法に定められた記載要件を遵守するようにしましょう。記載要件に違反していると、特許を受けることができても無効になってしまいますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特許トラブルとは?

特許さえ取れば全て安泰だと思いがちですが、特許にまつわるトラブルが多いのも現実です。突然、あなたの会社に「特許を侵害している」という警告書が届くことがあるかもしれませんし、どこかの会社があなたの会社の発明を真似していると感じるようなことがあるかもしれません。ここでは、特許のトラブルに関して説明したいと思います。 特許のトラブルの発生時期は、出願前・権利化前・権利取得後・権利切れ後のどの段階でも発生する可能性があります。そして、特許権がない状態であってもトラブルが起こる可能性

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。