トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許の知識 > 特許トラブルとは?

特許トラブルとは?

特許トラブルとは?の画像

特許さえ取れば全て安泰だと思いがちですが、特許にまつわるトラブルが多いのも現実です。突然、あなたの会社に「特許を侵害している」という警告書が届くことがあるかもしれませんし、どこかの会社があなたの会社の発明を真似していると感じるようなことがあるかもしれません。ここでは、特許のトラブルに関して説明したいと思います。

特許のトラブルの発生時期は、出願前・権利化前・権利取得後・権利切れ後のどの段階でも発生する可能性があります。そして、特許権がない状態であってもトラブルが起こる可能性があります。特許のトラブルは、相手が特許を取っていなければ問題ないと考えがちですが、必ずしもそうではありません。相手が権利を持っていると称している場合や、相手や自分の勘違いである場合もあります。また、特許・実用新案登録・意匠・商標の他に、実用新案特許・実用特許・専売特許・意匠特許等の言葉が、混同されたり誤って使用されていたりしている現状があります。少しでも特許のトラブルを避ける為には、特許事務所など、専門家に相談するといいでしょう。

また、自分自身で特許の出願をしようと思うのであれば、各地に設けられている「知的所有権センター」を利用することをオススメします。無料で弁理士からアドバイスを受けられ、無料で特許出願してくれます。もちろん、弁理士にも知的所有権センターの担当者にも守秘義務があります。特許の内容が漏えいしてしまう心配はありませんよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特許と実用新案の違いとは

特許と似ている制度に実用新案があります。実用新案とは、登録された考案を独占的に実施できる権利です。では、特許と実用新案は何が違うのでしょうか?法律の規定を見てみましょう。特許は「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」、実用新案は「自然法則を利用した技術的思想の創作である」と定められています。特許は物の発明と方法の発明が認められていますが、方法のアイディアやプログラムが保護の対象になります。しかし、実用新案の対象は、物の形状・構造・組み合わせであることが必要であ

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。