トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許申請について > 特許にかかる費用は?

特許にかかる費用は?

特許にかかる費用は?の画像

特許を取得しようと思った際に、まず気になるのが費用のことだと思います。「特許にはお金が掛かる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。ここでは、特許を取得するための費用について説明します。

特許を出願する際には、出願手数料として16000円(+α)が必要です。そして、審査官に審査してもらうには、審査請求料として168600円とクレーム(請求項)数×4000円が必要です。クレームとは発明の数のことで、特許明細書の作成の仕方によって異なります。そして審査に通過すると特許権を得ることができますが、その登録のための特許料が必要です。登録時には3年分の特許維持費用が必要になるので、(2600円+クレーム数×200円)×3年が必要です。特許を取得すると、特許料は継続して支払い続ける必要があります。そして、その費用は、年を重ねるごとに料金が高くなります。4年目から6年目までは8100円+クレーム数×600円、7年目から9年目までは24300円+クレーム数×1900円、10年目以降は81200円+クレーム数×6400円になります。結構、費用がかかりますよね。

その上、これらの業務を弁理士に依頼するとなると、弁護士に支払う報酬も必要になります。かつては、以前は、「弁理士標準報酬額表」があり、弁理士の依頼の費用の目安がありました。しかし廃止されてしまい、現在では話し合いによって料金が決定することになります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ヨーロッパの特許制度について

ヨーロッパの特許制度について説明しましょう。ヨーロッパ諸国は、締約国に共通の法律体系を設立して発明付与の方式や実体的な手続きを規定し、特許出願の審査から付与までを行っています。これらのヨーロッパ特許は国内特許と同等の地位を有しますが、権利行使を行う場合には各国に移行するので、国ごとに異なることになります。つまり、特許権そのものは指定国での登録によって設定されるのです。そのため、権利が必要な国についてはヨーロッパ特許の許可された明細書を、その国の公用語に翻訳して提出する必要が

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。