トップ 特許ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

特許ナビ特許申請について > 自分で出来る特許申請

自分で出来る特許申請

自分で出来る特許申請の画像

特許申請は、弁理士事務所や特許事務所に依頼しなければできないわけではありません。自分で特許申請をすることもできます。自分で特許申請をすれば、特許庁へ支払う費用と実費だけですみ、専門家に支払う高額な報酬分を節約することができます。とはいえ、自分で特許申請するためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、特許申請についての勉強をする必要があります。特許に関するホームページを調べたり、特許出願に関する講習会等に参加したりして、特許に関する知識を深めましょう。弁理士会や発明協会等が行っている特許相談を利用してもいいと思います。特許申請についての知識を身に付けたら、特許申請しようと思っている発明が特許の対象であるかどうかを調べてください。そして、先行技術が存在していないかどうか特許調査を行ってください。ここまで終わったら、出願書類を作成します。書類に不備があると、今までの苦労が台無しになってしまいかねません。慎重に検討を重ねてください。可能であれば、経験者や専門家にチェックしてもらう方が無難でしょう。

作成された出願書類は、特許庁に提出します。提出方法は2種類の方法があります。電子出願端末を使って電子出願をする方法と、紙に書いた出願書類を提出する方法です。そして、電子出願には、自分のパソコンを使う方法と共同出願端末を使う方法があります。特許申請後は、出願日から1年6ヶ月後に出願内容が公開され、3年以内に、審査請求をするかどうかを判断することになります。そして、審査申請にパスすると、晴れて特許取得となるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


特許ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 特許とは?

発明をすると「特許を取る」とかいうことを聞いたことがあると思います。では、特許とは一体何のことなのでしょうか。特許とは、「発明をした人に対して、その技術を公開してもらい、その代償として一定の期間、一定の条件下でその技術に対して与える独占権」のことです。発明者が苦労して発見したり研究したりした成果を、すぐに真似されたりしたら大変ですよね。そうした成果に対して一定の法的保護を与えるのです。その結果、発明を奨励し、産業の発達につながるのです。特許は審査に時間がかかると言われていま

特許ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。